研究者紹介 佐々木能章

spacer.gifnoimage.gif佐々木能章 Yoshiaki Sasaki
東京女子大学 Tokyo Woman’s Christian University
webサイト : 東京女子大学人文学科ホームページ
私の現在の関心 : ライプニッツの業績を多面的に理解することを目指しています。そのために、哲学のみならず多くの分野でのライプニッツの仕事を広く調べ(るつもりだけはもっ)ています。他方で、その多様な仕事を可能にしたライプニッツの知的エンジンの解明に心がけています。
最近の著書 : 『ライプニッツ術――モナドは世界を編集する』(2002)
工作舎
・・・著作・論文一覧へ

研究者紹介 山口裕人

spacer.gifnoimage.gif山口 裕人  Yamaguchi Hirohito
大阪大学  Osaka University
webサイト:大阪大学文学部 哲学・思想文化学専修HP
私の現在の関心:ライプニッツが晩年に提示した「実体的紐帯」という概念への一貫した興味・関心と共に――時には甚だしく遠回りしつつ――これまで研究を続けてきました。この概念は物体論や有機体論、或いは心身関係論と関連付けて論じられる事が少なくないのですが、私自身はそれに加えて「自我」や「人格」、「個体」や「同一性」といった概念とも親近性があるのではないかと考えて研究を行っています。最近では、上記の研究を深める中で中世の個体主義的な思想(ドゥンス・スコトゥスやオッカムなどの哲学)や論理思想・言語思想に興味を抱き、また他方では現代の分析的形而上学の動向にも関心が惹き付けられた事から、双方それぞれに関連する諸文献を――蝸牛の如き歩みではありますが――精読しつつ考察を進めています。
・・・著作・論文一覧へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。